約2千人がワクチン接種する八戸市水産会館の接種会場=11日

 青森県八戸市の漁業者や仲買人、加工業者など水産業に携わる約2千人を対象とした新型コロナウイルスワクチンの職域接種が11日、同市水産会館で始まった。八戸港の各水産関連団体は、企業や大学などの組織にとらわれない「産業垂直統合型」による早期の職域接種を目指したが、ワクチン不足の影響で約2カ月ずれ込んだ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から