東青5市町村の特産品を使ったアイスクリームをPRする工藤主査

 東青地区5市町村の名産品を使い、青森県が昨年度から開発を進めてきたオリジナルのアイスクリーム5種類が完成し、今月出そろった。カシスや一球入魂かぼちゃ、トマトなどを素材とした各アイスは、それぞれ個性があり、同地区の道の駅や百貨店などでプレ販売(数量限定)されている。2022年の本格販売を目指しており、県東青地域県民局地域連携部の担当者は誘客促進の大きなアイテムに育つことを期待している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。