斜面が崩れた場所が多数あった薬研佐井線。電光掲示板には「風間浦下風呂 全面通行止」の案内が出ていた=9月上旬

 8月の大雨で大動脈・国道279号が寸断された下北半島。青森県むつ市と大間町・佐井村方面を結ぶ4ルートが迂回(うかい)路とされたが、いずれも山林を切り開いたような峠道で、実際に運転してみると国道279号の倍以上の時間がかかり、危険を感じることも少なくなかった。さらに、このうち3ルートは冬期間閉鎖となる。長年叫ばれてきた下北の道路網の脆弱(ぜいじゃく)さが、この災害で再び露呈した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。