最終回に外野手用グラブをつけ、肩を温める三和=6日

 6日、全国高校野球選手権の初戦で敗れた北照(南北海道)のベンチには、弘前南中出の3年・三和立峰(りゅうほう)がいた。最後の夏予選でベンチから外れるなど試練を味わったものの、最後は努力が報われ甲子園の土を踏んだ。出場機会こそなかったが「できることをやりきった」とすがすがしく語った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)