十和田市議会の「パワーハラスメント調査特別委員会」(百条委)でパワハラがあったと認定された堰野端展雄議員(自民公明ク)が、9日の一般質問で、本年度当初予算に盛られた「家畜市場システム機能維持対策交付金」(上限600万円)について経緯をただした。予算化には百条委設置を発議した戸来伝議員(市民連合ク)が関わっており、堰野端議員は「(戸来議員の)不当要求行為ではないか」と主張した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から