コロナ感染の子どもと保護者に貸すことになった研修医用住宅

 青森県五戸町は9月下旬から、新型コロナウイルスに感染した子どもと世話をする保護者の療養場所として、五戸総合病院の研修医用住宅5棟を無料で貸す方針を決めた。自宅が狭いなどの理由で、他の家族から隔離できない世帯を優先する。若宮佳一町長が9日、明らかにした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から