「南方熊楠は研究者として徹底しているところが魅力」と語る志村真幸さん

幕末期に生まれた南方熊楠は「日本民俗学の創始者」「自然保護運動の先駆者」などと称されてきた。比較文化史研究者の志村真幸さんは、膨大な関連資料を丁寧に読み込むことで、熊楠を彩る「超人的イメージ」を実証…

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から