創立50年を迎えた青森中国語の会の栗橋会長(右)と佐藤事務局長

 一般県民を対象に中国語講座を開いてきた民間団体「青森中国語の会」が、設立から50年を迎えた。受講者のレベルに応じて学ぶことができる雰囲気を大切にしながら地道に活動。この夏、会員たちはこれまでの歩みを記念誌にまとめた。半世紀にわたる歴史を胸に刻みつつ、言葉を学ぶことを通じて、中国への理解と友好を深めていく-との思いを新たにしている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から