青森県が県外の既婚女性を対象にした県産品に対する意識調査によると、県産ブランド米「青天の霹靂(へきれき)」の認知度は47.6%で山形県産米「つや姫」の79.8%を下回るなど、青森県でブランド化を進めている地域食材の多くが、他道県の著名なブランド食材に比べ、まだ認知度が低いことが分かった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。