3年生が引退し、新チームが発足したばかりの中学校、高校の運動部にとって本格的な腕試しの場となる9月の新人大会。新型コロナウイルス感染拡大による青森県の緊急対策を受け、県内全地区で中止または延期となった。県大会について、中学校では日程的な都合から取りやめを決めた競技も。一方、高校は東北大会や来春の全国選抜大会につながるという事情もあって10月以降の開催を模索する動きが出ている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。