相米監督の慰霊碑に手を合わせる参加者

 青森県田子町ゆかりの映画監督で、9日に没後20年を迎える相米慎二さんをしのぶ会が4日、同町の慰霊碑前で開かれた。ファンや関係者約15人が参加し、代表作「セーラー服と機関銃」などで知られる映画監督の功績に思いをはせた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。