■八戸市
 青森県八戸市は3日、妊婦の新型コロナウイルスの感染リスクを軽減するため、妊婦と配偶者(パートナーを含む)が希望する場合、ワクチンを優先的に接種すると発表した。

 妊婦本人は、市立市民病院や市内の産婦人科クリニックなどのかかりつけ医で接種する。予約方法は電話や診察時など。一部医療機関では同居家族の接種も受け付ける。

 配偶者の接種会場は同市柏崎1丁目の「八戸プラザホテル プラザアーバンホール」。実施日時は今月13~15日、17、18、20日の計6日間。予約は市新型コロナワクチンコールセンター(050-5213-3097)で受け付ける。

■三沢市
 三沢市は3日、同市在住の妊婦と配偶者やパートナーに、新型コロナウイルスワクチンを優先的に接種すると発表した。同日、妊娠届を1日時点で提出している148人に案内文書を発送した。

 集団接種は市国際交流スポーツセンターで、個別接種は6医療機関で対応する。予約時に妊娠していることや配偶者であることを伝える。出産のため里帰り中の妊婦も、住所地域外接種届を申請すれば優先接種が可能。

■平川市
 平川市は3日、市内在住の妊婦とその配偶者、里帰り出産をする人に、新型コロナウイルスワクチンを優先接種すると発表した。10日正午まで申し込みを受け付けている。

 接種は同市のひらかわドリームアリーナで、1回目が9月11日、2回目が10月2日に行う。時間はいずれも午前9時半~午後4時。市は3日、妊娠届を提出している女性のうち、ワクチン未接種の75人に案内文書を発送した。

 問い合わせ、申し込みは市のワクチン接種対策室(電話0172-44-1111、内線1166)へ。