青森県は3日、市町村が実施する新型コロナウイルスワクチン接種向けの米ファイザー製ワクチンについて、13日から2週間の市町村別配分量を公表した。8月に割り当てを公表済みの92箱と、国が追加した調整枠分の17箱を合わせた109箱(1箱当たり1170回分、計12万7530回分)を22市町村に配分する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から