善戦及ばなかった。東京パラリンピック第10日(2日)ゴールボール女子準決勝、天摩由貴=八戸市出身、マイテック=が主将を務める日本代表は予選に続き、2016年リオデジャネイロ大会覇者のトルコの前に屈し、金メダルへの道が断たれた。左足首のけがの影響で不出場に終わった天摩は「やるべきことを必死にやった結果」と受け止めた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から