「大きなヤマを越えた」。東京パラリンピック第9日(1日)ゴールボール女子準々決勝で、イスラエルと対戦した日本。主将天摩由貴=八戸市出身、マイテック=はチーム一丸となってつかんだ勝利の喜びに浸った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から