青森県高野連は1日、新型コロナウイルス感染拡大による県独自の緊急対策を受け、11日に開幕予定だった秋季県高校野球選手権について延期すると発表した。現在進行中の3地区、開幕前の3地区の地区予選も同じく延期となる。今後の日程について、7日の常任理事会で対応を協議する。

 秋季県高校野球選手権は、2年生を主体とした新チームが、秋季東北大会や来春の選抜高校野球大会出場を目指して争う重要な大会。県独自の緊急対策では、9月いっぱいの部活動中止と、県有施設の休館が決まっており、地区予選の再開は早くても10月上旬、県大会はさらに遅れて同中旬以降にずれ込みそうだ。

 東北大会は当初、10月7日から弘前市のはるか夢球場で開催予定だったが、県大会の延期で日程の変更を余儀なくされる可能性が高くなった。県高野連によると、各県の関係者が2日にも会議を開き、対応を話し合う。