プラスチックごみのリサイクル促進と排出削減に向けた国の新法を受け、津軽地域の8市町村は30日、ごみ処理広域化を始める2026年度から、域内の家庭から出るプラごみを一括回収する方針を決めた。今後、国が示す分別基準や処理方法などを踏まえ、具体的な制度設計を進める。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から