落ちた果実拾いのほか、つる回しにも便利な「ひろまるくん」

 リンゴ栽培の本場・青森県弘前市の農家を中心に、じわじわと広まっている便利グッズがある。その名は「ひろまるくん」。腰をかがめないで下に落ちたリンゴを拾ったり、手の届かない実のつる回しに使ったりと重宝がられている。ひろまるくんを開発し、地域のリンゴ畑を一人で回って売り歩いている研磨業の小山内貢さん(64)=同市東城北1丁目=は思わぬ人気ぶりに喜んでいる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。