青森県は27日、県民限定で宿泊代金を1人1泊当たり最大5千円割り引く「県おでかけキャンペーン」に関し、9月4~30日に入っている予約分の割引措置を停止すると発表した。期間中は、土産物店や飲食店などで使える2千円分のクーポン券も利用できない。県内での新型コロナウイルス感染拡大を受け、専門家の意見を踏まえ判断した。

 同期間の予約を取り消す場合、9月3日までに手続きをすればキャンセル料は無料。県は国の補助金を活用し、宿泊事業者に1人1泊当たり最大5千円のキャンセル料を負担する。

 同キャンペーンは、県内の感染拡大を受けて今月6日に新規予約受け付けを停止していた。県によると、9月は約1万2千人泊の予約が入っているという。

 このほか、観光・貸し切りタクシーやレンタカー利用代金を助成するキャンペーン、農林漁業体験民宿の宿泊代金を割り引くキャンペーンも同期間の割引を停止する。「Go To イート」食事券はテークアウト中心の利用を呼び掛ける。