障害者の就労支援などを行う青森市はまなす1丁目のNPO法人「夢の里」(太田義光理事長)の青森事業所に23日、「ミスターX」と名乗る男性が現れ、3万円を寄付した。ミスターXの寄付は11年目。新型コロナウイルス感染拡大の影響で思うように事業が進められない中、同事業所職員は「応援してくれている人がいるということに心強さを感じる」と話している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。