8年目の勝負を迎え意気込むねぶた師の北村さん=2日午後7時ごろ

 2日開幕した青森ねぶた祭。制作8年目のねぶた師北村春一さん(37)は、斬新な題材や構図を強みとし、従来の様式美に対して攻めの姿勢で挑戦を重ねる注目の若手だ。「フォルムが難しい」「力強さが薄まる」として敬遠されがちな女性を今年も主役に据えた。近年、賞に名を連ね続ける北村家の新鋭は「誰も見たことがない新しいねぶたを作る」と飛躍を期している。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)