和嶋教育長(右)に署名を手渡す「浪岡高校の存続を求める会」の関係者

 青森県教育委員会の和嶋延寿教育長は26日、県立高校再編の第2期実施計画(2023~27年度)案について、地域住民らの意見を聞く「地区懇談会」の追加開催を経て決定するとの考えを示した。同日、計画案で閉校方針が示されている浪岡高の存続を求める署名を提出するため、県庁を訪れた青森市浪岡地区住民や同校関係者らに説明した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から