青森県内の新型コロナウイルス感染拡大を受け県が検討している独自の対策を巡り、県は26日、感染症の医師などから意見を聞く専門家会議を開いた。個別の対策の詳細は明らかにしなかったが、複数の関係者によると県有施設の原則休館や、県内の感染拡大地域との往来を避けるよう要請するなど、複数の対策に関する調整が進んでいる。27日の危機対策本部会議で正式決定、公表する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。