米大リーグは24日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がボルティモアでのオリオールズ戦に「1番・指名打者」でフル出場し、4打数1安打、2四球2三振だった。40本塁打はメジャー単独トップ。チームは14-8で勝ち、連敗を3で止めた。レッズの秋山(八戸大出)はブルワーズ戦に「8番・中堅」で先発出場し、3打数無安打、1三振で途中交代。チームは4-7で敗れ、4連勝で止まった。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から