「津軽先輩の青森めじゃ飯!」作者の仁山さん。漫画制作は青森市の自宅で行っている
7月に刊行された第4巻

 青森市在住の漫画家仁山渓太郎(にやまけいたろう)さん(31)=ペンネーム=が、青森県のご当地グルメや方言を題材に描く「津軽先輩の青森めじゃ飯!」(秋田書店)の第4巻が刊行され、物語が完結した。配信サイトからスタートし、単行本化も実現したデビュー作。仁山さんは完結に当たり「自分を成長させてくれた大好きな作品」と手応えを語った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。