青森県弘前市の桜田宏市長は25日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの影響を受ける市内学生への支援策として、今秋にアップルパイを配る市の事業に関し「米やおかずは他の市町村が学生に提供している。嗜好(しこう)品も含めた支援をしたい」と狙いを説明した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。