ピンチョス(小料理)と飲み物を味わいながら飲食店をはしごする「五所川原バル街」が9月24日、青森県五所川原市で開かれる。主催する実行委員会は新型コロナウイルスの影響で客足が落ち込む飲食店の利用を促そうと、6千円分の飲食が可能なチケットを4千円で販売。チケットの販売金額に対するお得分(2千円)の割合は50%で、前年の30%から引き上げた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から