青森県つがる市は23日、2020年度の各会計決算を発表した。一般会計は、歳入が300億1574万円(前年度比23.5%増)、歳出が294億2499万円(同23.0%増)で、新型コロナ対策費によって歳入・歳出ともに過去最高となった。21年度への繰り越し財源を差し引いた実質収支は5億8346万円の黒字だった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から