パラリンピックに臨む選手たちを画面越しに応援した交流会

 24日に開幕する東京パラリンピックに合わせ、青森県弘前市は23日、同市で合宿を行うなどしていたブラジル視覚障害者柔道チームをオンラインで激励した。新型コロナウイルスの感染拡大によって交流は一時途絶え、事前合宿も取りやめに。市の関係者も選手も、約2年ぶりとなる画面越しの再会を素直に喜んだ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から