医療スタッフを相手に、オンライン診療の様子を再現する駒井医師(手前)

 新型コロナウイルスの軽症患者が療養する青森県内宿泊施設と、医療機関をオンラインで結んで診察する県の取り組みが行われている。感染リスクを回避できるほか、患者の容体変化などに迅速に対応できるメリットがある。医療関係者は「遠隔診療は新型コロナ対応に有効。自宅療養者の診療にも活用できるのではないか」と話す。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。