五戸川河口に集積されている貨物船から流出した救命艇など=22日午前11時ごろ、八戸市市川町

 八戸沖の貨物船座礁事故で、第2管区海上保安本部(宮城県塩釜市)は22日、午後3時時点で船体付近に重油の浮遊は確認されていないと発表した。午前8時時点では微量の油膜があったが、巡視船などが拡散作業を行ったことで消えた。船体の構造物に付着している重油が今後も波などの影響で少しずつ出てくる可能性はあるが、船内タンクからの流出は止まっているとみられる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。