ハーベスターに乗り込み、ジャガイモを選別する作業員たち

 青森県横浜町明神平の「坂下農園」代表を務める竹内圭史(ますふみ)さん(48)の畑で、同町名産のジャガイモの収穫が終盤を迎えている。21日も大型機械「ポテトハーベスター」2台で、大量のジャガイモを掘り出していた。ジャガイモは大手菓子メーカーとの契約栽培で、ポテトチップスに加工される。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。