今シーズン初めての大会となる長根サマースピードスケート競技会が21日、青森県八戸市のYSアリーナ八戸で開幕した。初日は男女6種目を行い、男子1500メートルで毛利信太郎(八戸西出、高崎健大)が1分51秒52の大会新記録で頂点に立った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から