三村申吾知事は20日、青森県内で新型コロナウイルス感染症が急拡大していることから、「踏み込んだ対策の検討に入った」と明らかにした。19日の県危機対策本部会議で自ら言及した「社会経済活動の抑制」の具体的な内容は、「予断を持って話せない」と述べるにとどめた。全国知事会新型コロナ緊急対策本部ウェブ会議後の取材に答えた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から