株式会社CINC
株式会社CINC(シンク、以下CINC)は、自社で開発・提供するソーシャルメディアの分析・運用ツール「Keywordmap for SNS」を用いて、2021年7月にTwitterで反響の多かったハッシュタグ(#)の中から、「#竜とそばかすの姫」に関する調査を行いました。






「#竜とそばかすの姫」は映画公開日に一気に伸長

「竜とそばかすの姫」は超巨大インターネット空間の仮想世界を舞台に少女の成長を描いたオリジナル長編アニメーション作品です。本作品は「サマーウォーズ」「時をかける少女」を手がけた細田守監督の最新作で、7月16日に公開されました。「#竜とそばかすの姫」は、映画公開日にハッシュタグ出現数を大きく伸長させ100,590件を記録しました。


7月の金曜日に出現数が増加した理由は?



映画公開日に大きくハッシュタグの出現数が伸長した「#竜とそばかすの姫」ですが、公開日以前にも、2度、出現数が大きく伸長したタイミングがありました。


出現数が伸長した日は、いずれも日本テレビ放送の金曜ロードショーで細田監督の作品が放送されていました。7月2日を初回として3週連続で過去作品が放送されるたびにハッシュタグの出現数も増加していることがわかります。


7/2 金曜ロードショーにて「おおかみこどもの雨と雪」放送
7/9 金曜ロードショーにて「バケモノの子」放送
7/16 金曜ロードショーにて「サマーウォーズ」放送、映画「竜とそばかすの姫」公開日初日


また、放送と連動してTwitterでは、金曜ロードショーの公式アカウント「アンク@金曜ロードショー公式 (@kinro_ntv) / Twitter)」による過去作品の名シーンを取り上げた投稿も行われ、「#おおかみこどもの雨と雪」「#バケモノの子」「#サマーウォーズ」など各作品のハッシュタグとともにオンライン上での話題を生んでいました。


サマーウォーズが「#竜とそばかすの姫」の伸長に最も貢献?

過去作品の作品名のハッシュタグを含む投稿の中には、「#竜とそばかすの姫」を含む投稿もみられます。7月2日「おおかみこどもの雨と雪」、7月9日「バケモノの子」、7月16日「サマーウォーズ」の放送中に金曜ロードショー公式アカウントにより投稿されたツイートの中で、作品名とともに「#竜とそばかすの姫」が含まれている投稿の割合を示すと、下記の結果となりました。



映画公開日である7月16日に放送された「サマーウォーズ」放送中の金曜ロードショー公式アカウントによる投稿では、約8割にあたる投稿に「#竜とそばかすの姫」が用いられていました。

また、7月16日の「#サマーウォーズ」と「#竜とそばかすの姫」を含むツイート・リツイート数は53,376件にのぼり、7月16日の「竜とそばかすの姫」を含む全ツイート100,590件のうち、50%以上を占めました。

「#竜とそばかすの姫」の出現数が毎週金曜日に伸びた理由は、過去作品の放送と連動した、Twitterでの盛り上げ施策が背景にあったものと見られます。新作映画公開時に、過去の作品が放送される手法は定番となっていますが、今後は、放送に加えてTwitterなどのオンライン施策を連動させるプロモーションも主流になっていくのかもしれません。

今後もCINCは、自社ツールを用いたビックデータの解析を通じて、新たな話題をお届けしていきます。
<調査概要>
・対象データ:Twitterの10%のサンプリングデータ
・集計対象期間:2021年7月1日~2021年7月31日
・使用ツール:Keywordmap for SNS

<使用ツールについて>
■ Keywordmap for SNS(https://keywordmap.jp/sns/
Twitter上のデータを収集し、特定のキーワードやハッシュタグ(#)に関連するデータを、短時間で多種多様な形式で集計、分析することができます。
無料トライアルの申し込みはこちら:https://keywordmap.cinc-j.co.jp/keywordmap-for-snstrial-2

<会社概要>
会社名:株式会社CINC(シンク)
代表者:代表取締役社長 石松友典
設立:2014年4月
本社:東京都港区赤坂1丁目9-13三会堂ビル7階
<事業内容>
(1)ソリューション事業
(2)アナリティクス事業
(3)コンテンツ・メディア事業
(4)キャリア支援事業
会社ホームページ: https://www.cinc-j.co.jp
Facebookページ: https://www.facebook.com/cinc.jp
採用情報: https://www.cinc-j.co.jp/recruit/
運営メディア「Marketing Native」: https://marketingnative.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ