青森市議会事務局は20日、50代男性市議が新型コロナウイルスに感染したと発表した。市によると、これまでに感染が判明している市内の陽性者と接触があった。

 市によると、男性市議は今月6日に38度台の発熱があり、15日に医療機関を受診。PCR検査を2度受けた結果、19日に陽性が判明した。重症ではないという。