10日の大雨でむつ市大畑町の養殖施設内に土砂が流入し、地元名産の「海峡サーモン」などの稚魚が全滅した被害を巡り、青森県は20日、来年度の海峡サーモンの生産量が半減する可能性もあるとの見解を示した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から