入り口付近の目立つ位置に縄文コーナーを設置している青森市民図書館

 「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録を受けて、青森県内で「縄文」に関する本への関心が高まっており、図書館の特集コーナーでは貸出数が増加している。遺跡や土偶の写真が多く掲載されている本や、児童向けに分かりやすく書かれた本のほか、県内の遺跡紹介のパンフレットなどの人気が高く、担当者らは「縄文を学ぼうという機運の高まりを感じる」としている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。