台風9号から変わった温帯低気圧による大雨被害について、青森県は19日、被害状況(同日午後1時時点)を発表した。各種被害額が初めて公表され、現時点での判明分は計5億8048万円に上った。このうち4億1200万円を占める公共土木施設の被害額には、甚大な被害を受けた下北管内分が含まれておらず、被害額はさらに膨らむ見通し。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。