緊急車両の通行が再開された小赤川橋の仮橋。上流側(写真左側)では県による流木撤去作業が行われた=19日午後、むつ市大畑町

 大雨による道路冠水の影響で18日朝から全面通行止めとなっていた、青森県むつ市大畑町の小赤川橋の仮橋は19日午後1時、規制が解除された。緊急車両の往来が再開し、給水車や救急車が孤立地区に入った。被災地は約10日ぶりに青空が広がり、赤川地区の住民男性は「久々の晴れ間で少しほっとしている」と話した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。