絵画、写真など多彩な作品が集まった「アウトプット展」の会場=19日、県立美術館コミュニティギャラリー

 青森県内の特別支援学校の児童生徒や卒業生らによる作品展「アウトプット展2021-どこまでが作品?想いと思いの冒険-」が19日、青森市の県立美術館コミュニティギャラリーで始まった。会場いっぱいに並んだ絵画、立体、写真など色とりどりの作品から「自由」「生の多様性」が感じられる展示となっている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から