葉タバコ畑で、薬を散布する県たばこ耕作組合の熊林支部長。生産者の高齢化などで「この先、厳しい時代になる」と見通す=24日、三戸町貝守

 葉タバコの全国市町村別販売代金が過去4度、日本一を達成した全国有数の産地・青森県三戸町。しかし他の農作物と同様、生産者の高齢化が進み、後継者がいないため、廃業に踏み切る人が近年出てきた。喫煙率の低下や喫煙を巡る規制の強化に複雑な思いを抱く農家もいる。来年は町で生産が始まって80年。節目を前にして、関係者は基幹作物の先行きに不安を募らす。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)