収録に臨む劇団笑劇の団員たち

 「素人福祉劇団」を掲げ、青森県おいらせ町を拠点に活動している「劇団笑劇」が10日、1年半ぶりに稽古を再開した。コロナ禍で公演がなくなり、稽古も自粛していた。この日は北公民館で久しぶりに顔を合わせ、舞台の様子を撮影、「キャンセルになった出演先に見せたい」と交流が続くことを願っている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から