市内の小学生に贈るキャップを披露する(左から)シモン選手、若林総監督、大宮選手

 青森県八戸市などを拠点とするアイスホッケーアジア・リーグの東北フリーブレイズが、市内の小学生全員にロゴ入りのチームキャップ(帽子)を贈ることを決め11日、チーム関係者が小林眞市長に報告した。8月中をめどに市内42校の児童1万700人に配布することにしている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から