八戸港第2魚市場で17日朝、座礁した貨物船から油の流出が確認されて以来、初めての競りが行われた。漁業被害を懸念し、多くの漁業者が水揚げを断念したため、市場に並んだ魚は約3トンとわずかで、場内はがらんとしていた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から