「人前なので涙を見せないように努めたけれど心の中ではうれしくて大泣きだった」。17日の全国高校野球選手権大会1回戦、鹿島学園(茨城)戦で3ラン本塁打を放った盛岡大付の6番・平内純兵の決勝弾をスタンドで見届けた父健一さん(52)=青森県三沢市在住=は、喜びをにじませた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から