東北町甲地地区から見た浸水被害現場。水位は下がってきているものの、依然として泥水が水田を覆っている=13日午後0時45分ごろ

 青森県七戸町と東北町の境界付近にある七戸川(高瀬川)の堤防決壊によって浸水した水田の面積がほ場整備中の部分を含み、約192ヘクタールに上ることが13日、国交省高瀬川河川事務所の調べで分かった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から