青森県東通村に建設中の東京電力東通原発について、東電ホールディングスは先月公表した新たな経営再建計画「第4次総合特別事業計画」に「運転開始を目指した取り組みを進め建設見通しを地域に示す」と記述し、安全審査申請への意欲も盛り込んだ。ただ、柏崎刈羽原発(新潟県)で相次いだ不祥事により、工事再開の前提とする「信頼回復」はさらに遠のく。他事業者との共同事業化もいまだ結論が出ず、依然先行き不透明だ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から