復刻された「青森県の怪談」の表紙

 1972年に出版され、当初は増刷を重ねて評判を呼んだ青森県児童文学研究会発行の「青森県の怪談」が今夏、約40年ぶりに弘前市の白神書院から復刻された。研究会の初代会長を務めた故・北彰介さん=青森市=らが県内で集めた藩政時代から昭和期の怪談98話を収録。弘前市の久渡寺(くどじ)に残る円山応挙の幽霊画を模した表紙絵もそのままよみがえった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。