第2管区海上保安本部によると、八戸港内で座礁したパナマ船籍の貨物船「CRIMSON POLARIS(クリムゾン ポラリス)」から流出した重油が13日午前、三沢市の海岸に到達した。漂着した油は同日午前10時現在、三沢漁港から北に約3キロ付近の海岸線から北側約19キロにわたっている。海上保安庁の機動防除隊などが沿岸の調査を進めている。